野村克也さんとカープ

 また一人、野球界の巨星が燃え尽きてしまった。
野村さんは、反骨心をモティベーションにしてきたのだと思う。でも、貧しい環境に育ちながらもそれを言い訳にせず、人が育ってゆく過程に喜びを感じながら自分の立ち位置を確認してきたのではないだろうか。 特に野村再生工場と称されるように、ビハインドの状態にある選手達が這い上がる時のきっかけ役は、自分の体験が特に役立ったのでしょう。

 野村さんと広島カープは直接のかかわりが無いように思われるかもしれませんが、間接的には大いに影響があると思います。
初優勝時の監督古葉さんは、選手晩年に野村選手の居る南海にトレードに出され、野村イズムを掴んできたのでしょう。V2、3の連覇時には絶対的ストッパー(今はクローザーと言う( ^ω^)・・・)江夏投手に、抑え転換を口説いたのも野村さんだったとのこと。

 最愛の沙知代さんを失ってからは、別人のように元気を無くしている姿は意外でしたがそれだけ無二の存在だったのでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント