東出コーチの実体験に期待

 交流戦はあえなく最下位決定でした。
選手達に何か疲れのような覇気のなさを感じます。

4月の劣勢を5月で挽回したその反動のような気もしますが。

但し、若鯉達の一軍での手応え感は密かに期待レベルだと思っています。主力選手達が峠を越え、もしくはFA移籍やメジャー移籍により抜けてゆくことが確実視されている今、新旧交代の舞台づくりは必須でしょう。

 そんな中、ドラ一小園君の心情を慮る発言が東出コーチからあったことを知りました。ニュースソースはこの記事です。東出コーチも高卒ドラ一で入団したのは約20年前でしたね。当時は二岡に袖にされて東出に白羽の矢が立ち、一年目から活躍した姿を思い起こします。
 但し、エラーが続き半ばメンタル的につらくなってしまい、負担の少ないショートからセカンドにコンバートされたのでしたね。あの頃は、暗黒の万年Bクラス球団で、逆指名、FAのあおりをもろに受けていた時代だったので、東出選手にかかる期待も半端でなく、高卒直後としてはつらかったと思います。

 今の小園は当時とは環境が違っているでしょうけど、東出コーチからすると心情は痛いほどわかると思います。同じ気持ちの人がいるというだけで、救われる部分があるはずです。
 良き兄貴分としてそっと寄り添ってあげるやさしさが、背番号51を大きく成長させるはずです。
東出コーチとしても辛かった自分の経験が、悩んでいる後輩の役に立つという励みが感じられるはずです。

 実体験に勝るものはありません、結果を急がずに、将来を見据えた指導をお願いしたいです。画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック