打線の固定化による安定感

 我がカープは、7連勝により上昇カーブを描いて来ましたね。

要因としては、やっと打線が固まって来て各人がどっしりと役目を果たせるようになったことではないでしょうか。
バティも西川も伸び伸びとスイングしており、好調の菊池、誠也と線になってきています。

 広輔は悩み多き8番バッターですが、ピッチャーに2番打者の役目を担ってもらえれば得点力アップは間違いないところでしょう。

 竜平が蚊帳の外にいることや安部の覇気が続かないこと、期待していた高橋大樹や下水流のブレイクがないことが残念ですが、夏になれば変わるでしょう。

 この勢いで、今年こそ交流戦優勝をゲットしてくださいね。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック