ドイツ個人旅行 ①

 昨年2019年8月に家族3人でドイツを旅して来ました。ドイツは20数年前にハネムーンの時3日ほど立ち寄っていましたが、今回は、息子が4カ月間ライプツィヒ大学に留学している所に激励を兼ねて遊びに行ったわけです。ツアーも考えましたが、ライプツィヒに複数日滞在するプランはありませんでしたので、個人旅行を選択しました。
 個人での旅行は、列車の遅延に遭遇したり、食事注文、切符購入を自力で行わなければならず、それなりに大変でが、マイナーな街を訪れたり、気に入った街に少し永く居たり、ふらっとスーパーや土産店に入ったり、街の雰囲気を味わうには格別でした。逆に、ツアーにありがちな「決められた場所に連れてゆかれ、ここでお土産を買ってね」状態は無く、記憶に残る異国の旅を満喫できたと実感しました。

【宿と旅券】
 飛行機は、ネットで取る方法もあるようですが、使い勝手が解らないので、旅行会社に手配していただきました。その際に初日と最終日のホテルとセットで往復の航空券を確保することで若干格安?になったようです。
 入りと出が同じ都市では無駄?と思われるでしょうが、結果的には好都合でした。理由は、3人分の大きなスーツケースは、戻ってくるので、同じホテルに預けたままにしたからです。9日間の移動中はリュックサック等を使用しました。
 初日、2日目:ミュンヘン、3~5泊目:ライプツィヒ、6泊目:ローテンブルク、そして再びミュンヘン二泊。移動の間は必要最低限の荷物を入れ、途中にお土産を足しながら観光地を廻りました。
 移動手段は、列車のみです。切符は、ジャーマンレイルパスを利用しました。何度も乗れば割安ですし、なんと言っても毎回の切符購入の煩わしさ、そしてドイツは改札がない代わりに必ずと言っていいほど車掌によるチェックが入ります。ガイドブックには不正乗車は厳罰とありました。もし間違って購入してもコミュニケーションがおぼつかなければ不安でしたので、このパスは正解でした。
 しかしなんと言っても今回大活躍したのは、息子と娘でした。留学中の息子には、初日にミュンヘンには17時過ぎに到着したので、授業後ライプツィヒからミュンヘンまで移動してもらい合流し、土日を同行してドイツ語通訳代りになってもらいました。息子とは、ライプツィヒの3泊を一緒に過ごし、別れた後は今度は娘に英語で通訳代りになってもらいました。娘は大学1年生ですが、英検を取得したのでレストランの注文やら指定席の購入などやはり大活躍してもらいました。
 息子と合流して2日目は、唯一のオプショナルツアーに参加してノイシュバンシュタイン城、ヴィース教会をバスで廻りました。ツアーに参加したのはここだけですが、やはり正解でした。ノイシュバンシュタイン城は、予約制でしたし、ヴィース教会はバスでないとたどり着けない場所でした。二日目以降は、次回にアップします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント