ラウダさん安らかに

 今週の新聞で元F1レーサーニキラウダさんがお亡くなりになったことを知りました。ご冥福をお祈りします。

 彼は天才ドライバーでしたが、1976年レース中の大事故で大火傷を負い生死をさまよったことは、大きなニュースになり、映画にも取り上げられています。

 最近では、ライバル「ジェームスハント」との友情をテーマにRUSHという映画が新たに制作されています。
私は、高校生だった当時「ポールポジション」という映画をバイク好きな弟と見に行ったことを思い出します。

 これが当時のチケットです
画像


 この映画は、軽快なサウンドトラックが耳に残っていたので、カセットテープに残し、このチケットをテープのケースボックスに挟み込んでいました。

 映画は1978年なのでもう40年以上前になりますが、ラウダさんは大やけどが肺にまで達し相当の重症にも負けず不死鳥のごとく生き抜いた姿は感動の一言です。

 安らかにニキ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック